botton_category

  • category_topics
  • category_toys
  • category_gacha
  • category_card
  • category_game
  • category_comic
  • category_hurugi
  • category_cd
  • category_dvd
  • category_kaden
  • category_phone
  • category_gakki
  • category_kinpura
  • category_kinken
  • category_tsurigu
  • category_nijigen
  • category_amuse
  • category_hoka

【おもちゃ】劇場版パワーレンジャー公開迫る!【特撮】

こんにちは特撮おもちゃ担当です。

今回は7月に公開されます「映画 パワーレンジャー」に付いて少し書こうと思います。

元々は92年に日本で放送された「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のアメリカ版として、特撮シーンは日本版をそのままにドラマパートをアメリカ人キャストで撮影して、全米で大ヒットしたのがパワーレンジャーでした。「アメリカで最も成功した日本製コンテンツ」とまで評され、その後も現在に至るまで日本の作品と新撮の映像を併せたシリーズが続いています。

そして戦隊には欠かせないのがいわゆる「巨大ロボ」ですが、パワーレンジャーでは個別の名前はなく一貫して「メガゾード」と呼ばれていて、「メガゾード◯◯」のようにその戦隊のモチーフの名前が足されるようになっています。

で、その新メガゾードのデザインがとにかくぶっ飛んでいます。画像は載せられないのですが、大元のロボ「大獣神」とは似ても似つかない姿に「デビルマンの敵?」や「トランスフォーマーか!?」といった声も上がっているようです。まあ元々の大獣神は純粋なメカではなく地球を守る守護獣、いわば「神の代行者」という位置づけなので、生物的なデザインもありとは思うのですが、あまりに原型を留めていないので私も含め当時の日本、アメリカ双方のファンは戸惑いを隠せていないようです。気になる方は「映画パワーレンジャー メガゾード」で検索してみてください。

さて前置きが長くなりましたが、今回は先日買い取りさせていただいた、その大元のロボ大獣神のおもちゃのご紹介です。

超合金魂 大獣神

DSCN3348

…黒い背景は失敗でした(汗)。箱がものすごくでかく見えてしまっていますね。以前に別のブランドである「スーパーロボット超合金」でも発売されていますが、やはり大きさがあると迫力&重量感が違います。

というわけで写真は以上です……未開封なので合体写真が撮れませんでした(泣)。代わりと言ってはなんですが、パワーレンジャー版の超合金がありましたのでそちらも撮ってみました。

レガシーメガゾード

DSCN3352

3年前のパワーレンジャー20週年記念の時に出た復刻版です。作りはほぼ日本版のDX大獣神と同じですが、太もものラインなど一部のカラーリングが追加されていたりします。

DSCN3356

中身はこんな感じです。上腕と太ももに金属が使われていて重量感は抜群です。盾が若干小さいですが全身のバランスがとても良く、25年経った今でも通用するデザインだと言えるでしょう。2つとも特撮おもちゃコーナーにて販売中ですのでぜひご覧ください。

7月のパワーレンジャーに続いて8月にはスパイダーマン、トランスフォーマー、そして仮面ライダーも控えています。特撮ファンには忙しい夏になりそうです。

This entry was posted in NEWS, TOPICS, おもちゃ. Bookmark the permalink.
夢大陸 松本店 All rights reserved.